ドッグランのことを知りたい!どんな犬でも利用は可能か?

躾け
スポンサーリンク

愛犬の毎日の散歩は日課です、でも一度リードを外して自由に遊ばせたい。

そんなことを考えたことはありませんか?

あなたの愛犬もドッグランなら、自由に走り回ることも出来るようですよ。

でも初めてドッグランを利用するには不安があります。

そこではじめて利用するときのため、ドッグランについてまとめてみました。

スポンサーリンク

そもそもドッグランとはどんな施設?

愛犬の散歩には、リードを付ける事が基本になっています。
でも楽しそうに散歩する愛犬をみていると、リードを外して自由にさせてあげたいと思いませんか。

またたくさんの運動量が必要な、大型犬や活発なワンちゃんは普通の散歩だけでは物足りません。
そんなことが重なれば、ストレスをため込んでしまいますね。

つまりドッグランとはこのようなワンちゃん達の、ストレスや運動不足を解消するために作られた施設です。

 

普通の公園内でリードを外し、放してしまうと様々なトラブルが想像できますね。
でもドッグランのような広大な場所で放してあげれば、そんな心配も必要ありません。

放たれたワンちゃんが走り回る姿をながめ、飼い主さんもワンちゃんも存分に楽しむことができます。

 

しかしドッグランには、多様な種類のイヌが走り回っています。
リードを外して放したときに、イヌ同士が喧嘩しないか気になりますね。

また初めて利用する飼い主さんは、ドッグランに対する知識もなく自由に活用できません。
ではドッグランを利用するとき、必要な知識とはどのようなものでしょう。

ドッグランを利用するには?

ドッグランに放されたワンちゃんは、気持ちよさそうに走り回り見ている方も幸せな気分にしてくれます。

イヌ同士も追いかけっこをしたり、一緒に遊んで思いっきり楽しむことが出来そうです。
しかしすべてのイヌが、仲良く遊べるとは限らないようです。

 

大型犬は小型犬に対して攻撃する場合もあり、小型犬でも気性の激しいイヌはトラブルを起こすこともあります。

イヌ同士でも個々に違いがあり、必ずしもすべてのイヌが自由に駆けまわれるわけではないようです。

 

まずドッグランを利用する場合は、どんなイヌが利用しているかを事前に把握しておく必要があります。

それ以外にも他のイヌたちの性質や、自分の愛犬が嫌がっていないかなど見極めることは必要です。
自分の都合でドッグランを利用するのではなく、まず愛犬第一で考えることですね。

 

公共施設に併設されたドッグランは、事前の登録申請も必要なく無料で利用できます。
しかし施設によっては有料のところもあり、事前に会員登録が必要な場合があります。

またトラブル防止のために頭数制限や、入場制限などを行っていることもあります。
まずは事前に確認することをお忘れなく

 

最近はだれでも気軽に利用できるドッグランが増えています。
ドッグランは、愛犬を思う存分遊ばせたい。
そんな愛犬思いの人たちの間でも、特に人気のある施設です。

そのためにも愛犬や飼い主が気持ちよく利用できるよう、基本的なマナーやルールを守ることは必須です。

また他のイヌたちや飼い主にも、迷惑がかからないような最低限のマナーは守って、
予防接種やノミ、ダニなどの駆除は事前に済ませておきましょうね。

 

ドッグランを利用する前には最低限のしつけは必要です。
躾けについては以下の記事が参考になります。

いまさら聞けないペットの躾!!何か良い方法はあるか?
人間と動物とでは、生活スタイルが全く違います。 ですから人間とペットが、一緒に暮らすのには躾をする必要があります。

ドッグランはどんな犬でも利用可能?

気軽に利用できるドッグランも、最近では増えてきました。
しかしどんなイヌでも、利用することができるかと言えばそうではないようです。

ドッグランの中には犬種によって、受け入れていない施設もあります。
大型犬ばかりの中に小型犬がいると、それだけで攻撃されることもあります。

 

攻撃された恐怖心から、その後のドッグラン利用時に悪影響を与える事にもなりますね。
ドッグランに行く前は、どんな犬が利用しているのかを事前にリサーチしておく必要があります。

また施設によってはドッグランを利用するための基本マナーを決めているようです。
基本的なマナーとは、

・ 凶暴性のあるイヌは入場制限があります。
どのイヌに対しても攻撃的で、トラブルを起こしやすいので入場出来ないようですね。

・ 動物の習性から発情中の雌などは、他の犬たちを興奮させてしまうため、入場出来ません。

・ 狂犬病の予防接種や伝染性の病気のある犬は入場が許可されていません。

以上のこと以外にも、当然ですが基本的な躾などは必要です。
躾けの出来ていない犬は、興奮して他の犬を追いかけ制御不能になりトラブルの原因です。

また初めてドッグランを利用する場合、特に若いイヌは慣れないためマナー違反を起こしやすいようです。

 

愛犬をドッグランデビューする前は、しっかり外の世界に慣れさせることが必要ですね。
日頃から愛犬も狭い空間や、マンネリ化した生活にはストレスを感じているはずです。

たまにはイヌ同士でコミュニケーションをとり、リードなしで広大なドッグランを思いっきり走る。
そんなリフレッシュした時間を、たまにはプレゼントしてあげましょう。

 

愛犬も楽しみを持つことでストレスも解消されます。
いつまでも元気な愛犬と暮らすため、ドッグランの利用を考えてみました。

愛犬のしつけは、問題行動の原因さえわかれば簡単に出来ます。詳しくはコチラから。

躾け
スポンサーリンク
ペットと暮らす

コメント