ペットの殺処分をなくすためには!原因はやはりこれかという話。

モラル
スポンサーリンク

近年では犬や猫の殺処分が社会問題にもなっています。

各自治体や省庁などでは「殺処分ゼロ」をスローガンとして取り組んでいますね。

その成果は保護団体などとの連携で、殺処分の減少につながっています。

しかしまだすべての地域で実現できているとはいえません。

毎年、何万頭の犬や猫が殺処分されていることが現実です。

スポンサーリンク

ペットの殺処分の原因は?

猫はもともと家猫として飼われていた動物でした。
しかし一人の無責任な飼い主が原因で、野良猫化したといわれています。

つまり自分勝手に捨てた事がきっかけとなり、現代でも野良猫が増え続けている状態です。

そのため糞尿被害や鳴き声、ゴミの散らかしなどの被害を訴える人も多くなっています。
その結果、各自治体や保健所などへの相談が相次ぐ結果となっています。

捨てられた猫や犬には何ら罪はありません。

可愛いからと飼い始めても、途中で飼いきれずに捨ててしまったり・・・
野良猫が可哀想と無計画に餌を与えると、どんどん増えてしまうことになります。

そうやって増えすぎた猫や犬は、結局保健所などへ送り込まれる結果となります。
そして最悪の場合は、殺処分に追いやられる事になります。

各自治体としても、悲しい結末とならないために様々な努力は重ねています。
それでもいまだに、ゼロにはなっていないのが現状のようですね。

殺処分の原因は、飼い主も放棄や無責任な餌やりだけではありません。
ペット産業として、多数の仔犬や仔猫を産み出すブリーダー側にも問題はあります。

近年ではむしろ、こちらの方が大きな問題点となっているようです。
繁殖させ過ぎた仔犬や仔猫たちが行き場を失い、その結果殺処分という悲しい現実あります。

愛護団体ではこのような悲しい結末を迎えないために活動しています。
たとえば、保健所に収容されているペットの里親さがし・・・

また救助犬としての育成に力をいれるなど、いろいろと活動を行っています。
しかし未だ殺処分ゼロに、結びつかないのが現実問題のようですね。

 

ペットの里親さんについてはコチラの記事が参考になります。

ペットの里親になる条件とは?どんな基準があるのか?
すべてのペットが飼い主に育てられても、生涯幸せとは限りません。 虐待や捨てられるなど、不幸になるケースも多いようですね。

ペットの殺処分をゼロにするためには

ペットでも人間でも、一度授かった命は同じように尊いものです。
だれにでも精一杯、生涯を全うする権利はあるはずですよね。

それがペットだと、人間の身勝手な思いで決められる事になってしまいます。
ペットの生き死が、人間の管理下におかれることには納得がいかないかもしれませんね。

一方で猫の繁殖率は高く、ねずみ算式で増えてしまうことも確かです。
もちろん保健所の方も、できるだけ殺生はしたくないと言うのが本心だと思います。

うるうるした目、小さくて可愛らしい姿、愛くるしい顔などを見たら誰でも悩んでしまうのは当然です。

それをみたら殺処分を無くすべきだと、誰もが思うところではないでしょうか。
まずペットに対する、一人一人の意識改善が必要だと思います。

 

 

ブリーダーさんも、仔犬や仔猫の繁殖には再考の余地があるのではないでしょうか。

むやみにペットショップに送り出すのではなく、
少しでも押さえる事ができれば悲しい命を作らずに済むと考えられますね。

自然界は上手くバランスがとれています。
人間の手が入らなければ、自然淘汰によって一定数を保てるようになっているものです。

また野良猫は飼い主を離れても、生きる術を知っています。
人間が思っている以上にたくましい存在です。

むやみに餌を与えることは、慎んだ方がよさそうですね。

 

 

それでも、弱っている猫を見れば放ってはおけません。
そのときは、飼い猫として里親を探してあげるのも一つの方法です。

飼い続ける事ができなくなったペットを捨てしまえば・・・
捨てられたペットたちは彷徨い続けてしまいます。

その結果保健所への持ち込みという事になってしまいます。
可愛いと言う理由だけで安易に飼うことは避けたいですね。

計画をしっかり立てたうえで、
飼うと決めたからには最期まで責任を持つと言う事が大切です。

そしてもう一つ、
脱走してしまい迷子になった犬も最終的には保健所へ送り込まれることになります。

 

つまり殺処分ゼロにするためには、飼い主としてしっかりした心構えが大切ということですね。
ペットも家族の一員ですから、愛情をかけて接することが必要ですね。

ペットの殺処分についてのまとめ

近年ではペットの殺処分が問題視されています。
そこで各自治体や保護団体では、連携して殺処分ゼロを目指し様々な活動を行っています。

その成果か年々処分されるペットの数は減少傾向にあります。

しかしすべての地域で実現出来たわけではありません。
いまだに可哀想な命が奪われていることは悲しい事実です。

近年では特に殺処分される仔犬や仔猫の数が多く、続いて老犬や老猫と続きます。
ですからブリーダーや、無責任な飼い主のモラルが大きく問われます。

殺処分ゼロにするためには、人間としての心構えが一番大切ではないでしょうか?

 

むやみに餌をばらまくことは、生態系を崩してしまう結果にもなります。
可愛いだけの理由で安易に飼うのはやめ、飼うときは計画的に検討することが必要ですね。

飼うと決めたら最期までしっかり責任を持ちましょう。
ペットは愛情をかけて、自分の子供と同じように育てる気持ちが必要ですね。

愛犬のしつけは、問題行動の原因さえわかれば簡単に出来ます。詳しくはコチラから。

モラル
スポンサーリンク
ペットと暮らす

コメント