イヌに玉ねぎは本当に危険?これって愛犬家の常識?

食事
スポンサーリンク

玉ねぎは人間にとって、いろいろな料理に使われ健康に良い食べ物です。

しかしイヌにとっては、危険な食べ物と言われています。

本当に玉ねぎは、イヌにとって危険な食べ物なのでしょうか?

そこでイヌに玉ねぎを与えると、本当に危険なのかまとめてみました。

スポンサーリンク

愛犬に玉ねぎを食べさせてはいけない理由?

昔からイヌや猫は、人間と一緒に暮らしてきました。
ですから食べ物も、人間の残飯などを食べることが一般的でした。

今ではイヌや猫も、残飯を食べることは少なくなっています。
そのかわりに総合栄養食の、ペットフードを食べるようになりました。

 

ペットフードは豊富な栄養もバランス良くとれ、昔と比べて寿命がかなり延びています。
しかし愛犬などがそばにいると、つい自分と同じ食べ物をあげたくなってしまいます。

ですが人間の食べ物が必ずしも、イヌや猫にとって安全とは限りません。
特に玉ねぎなどはイヌにとって、危険な食べ物の代表格です。

 

人間にとって健康に良い玉ねぎも、「アリルプロピルジスルフィド」と呼ばれる成分を含んでいます。

そのためにイヌが食べると、有機チオ硫酸化合物を高めることになります。
それが体内に入ると赤血球内のヘモグロビンを酸化させ、溶血性貧血を引き起こしてしまいます。

 

またこの成分が大量に入れば、中毒症状引き起こし死に至ることもあります。
特に体の小さなチワワや、ポメラニアンなどは注意が必要ですね。

愛犬が食べてしまった時の対処法は?

ペットの中でも特にイヌは、人間にとてもフレンドリーで一緒に遊ぶことも多いですね。
また好奇心も旺盛で、人間の行動や食べ物にも興味をしめします。

食事をするため用意していた料理を、ペットが盗み食いすることもあります。
食べても良いものなら問題はありませんが、玉ねぎの入ったものを口にした場合は大変です。

 

しかし食べても中毒症状はすぐに出ず、すこし時間が経ってから反応が現れます。
ですからすぐには気が付かず、症状が出て初めてあわてることになります。

 

あらかじめ悪いものを食べたとき、発症する症状などを知っていれば早く対応もできますね。
特に玉ねぎなどを食べた場合、症状がすぐ出るときもあります。

しかし症状は数時間後、或いは数日後に出る事もありますので注意は必要ですね。
玉ねぎを食べたときの中毒症状は、主に3つに分けられます。

・下痢、嘔吐
だいたい数時間後から始まることが多く、時には血尿や血便が出る事もあります。
・痙攣や震え

症状が酷くなると痙攣や震えなどが現れ危険な状態になるので早めに獣医に相談しましょう。
・中毒症状
玉ねぎなどを大量に食べた場合、中毒症状であるハインツ小体性溶血性貧血を起こし、放っておくと死に至るため、愛犬が急に元気がなくなりフラフラし出したら早めに病院に行くことが大切です。

これらの対処法としては、何はともあれ病院に行くことが先決です。
中にはすぐに吐かせる人がいますが、素人判断は危険なのでやめた方が無難です。

病院に行く前に先ず口の中を確認してみましょう。
分かる範囲で「何を、どのくらい、いつ頃食べたか」獣医さんに伝えるようにしておきましょう。

イヌに食べさせてはいけない食べ物とは?

人間と同じようにイヌも、バランスのとれた食事は大切です。
特に5大栄養素は、生き物が生きていく上で特に必要な栄養ですね。

・タンパク質
・脂質
・炭水化物
・ビタミン
・ミネラル

中でもビタミンやミネラルは、タンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素の働きをサポートする重要な役割を持っています。

 

これらがバランス良くとれないと、体調を崩しやすくなってしまいます。

この栄養素を人間と同じ食材でとると、イヌにとって害になってしまう食べられない食材もあります。

 

イヌの害になる食材

・アボカド(果肉や皮に毒素があり嘔吐や下痢などの中毒症状を引き起こす)

・ぶどうやレーズン(腎不全や下痢などの中毒症状を引き起こすため、特に腎臓病の犬には注意しなければなりません)

・プルーン(葉、種、茎に毒素があり、呼吸困難やショック症状を引き起こす)

・なす(尿結石の原因になります)

・イチジク(葉、皮、果肉に中毒成分を含みます)

・生の銀杏(生食の場合、中毒症状を引き起こす)

・生卵(白身)
(卵白に含まれるアビジン成分がビタミンB群のビオチンを壊すが加熱すればOK)

・マカダミアナッツ(食べたあと、12時間以内に嘔吐や痙攣が出る事もある)

・ネギ類(ニラ、ニンニク、玉ねぎ)
(ネギ類は犬が食べてはいけない代表格であり、血中のヘモグロビンを破壊して溶血性貧血を引き起こします)

この他にもイカやタコ、ごぼう、貝類、エビ、カニ、わかめなども同様です。
これらを食べた場合も消化不良を起こしやく、出来れば与えない方が無難です。

このように犬に与えていけない食べ物は、意外にたくさんありますね。
そのためイヌにとって安全に作られた、ドッグフードをメインに与えるのが一番安心ですね。

 

ちなみに、食べて良いものもたくさんあります。
キュウリやブロッコリー、さつまいも、トマトなどの野菜やイチゴ、バナナ、りんご、スイカなどの果物。

またタンパク質として鶏肉、牛肉、豚肉、ラム肉やまぐろ、鮭、さばなどを加熱して与えても良いようですよ。

 

食べられない物も多いですが、逆に食べられる物も多いですね。
そんな食べられるものを時々与えるのは、飼い主とのコミュニケーションにも役立ちそうですね。

愛犬のしつけは、問題行動の原因さえわかれば簡単に出来ます。詳しくはコチラから。

食事
スポンサーリンク
ペットと暮らす

コメント