ペットの里親になる条件とは?どんな基準があるのか?

里親
スポンサーリンク

すべてのペットが飼い主に育てられても、生涯幸せとは限りません。

虐待や捨てられるなど、不幸になるケースも多いようです。

そしてその不幸なイヌたちの行く末は、殺処分という不幸な結末になります。

しかし今、自治体やペットの保護団体などが殺処分ゼロを目指し。

里親を希望する飼い主に、譲渡する活動を行っています。

そこで犬の里親についてまとめています。

スポンサーリンク

ペットの里親とは何?

虐待され捨てられたイヌ、また保健所に渡ったペットたちに愛の手を差し伸べてくれる。
「捨てる神あれば拾う神あり」と言う言葉がありますが、まさにペットの保護団体とはそんな存在です。

そしてペットの保護団体は、不幸なペットたちに新しい里親を探してくれます。
つまり不幸なペットたちに、生涯幸せに暮らせるよう保護活動を続けています。

 

譲渡会などにいくと、里親募集という広告を多く目にすることがあると思います。
この里親とは何だろうと、考えたことはありませんか?

簡単に言えば飼い主のいなくなったペットを、引き取って育ててくれる人のことです。
そして保護や譲渡活動をする団体を、保護団体と呼んでいます。

 

ペットの保護団体はもともと、犬や猫などの動物が好きな人たちの集まりでした。
ですからどんな理由でも、不幸になったペットたちを保護しています。

そして新しい里親を探し、ペットたちが幸せに暮らせるように手助けしています。
本当なら助けた犬や猫たちを、自分たちで生涯飼う事ができればそれに越したことはありません。

 

しかし経済的な問題や、環境的な問題を考えれば無理ということになりますね。
そこで同じようにペットの、幸せを与えてくれる里親に託すという取り組みをしています。

ペットとして人間に飼われたイヌたちが捨てられたら、野生で生きていくことは不可能です。
飼った以上は、最後まで責任を持たなければなりません。

 

しかしどうしても無理なときは、ペットの保護団体に相談することも必要ですね。
いずれにしても最後まで、ペットは責任をもって育てていかなければなりません。

なぜならペットも大切な命に変われはありませんから。

ペットの里親になる条件はあるのか?

今はボランティアの手によって、ペットの里親探しなどは多くなってきました。
飼い主のいないイヌや猫などを集めて、里親に譲渡する活動が行われています。

しかしペットの里親になる場合は、条件が厳しいと言う声も多いようですね。
その厳しい条件のため、里親になることをあきらめてしまう方もいるようです。

 

当然ペットたちの幸せを願う活動ですから、再び悲しい思いをさせないためも厳しくなるのは仕方がないのでしょうね。

例えばドイツなどはペット先進国です。
特にイヌ大国と言われるほど、イヌの殺処分には反対しています。

そのために譲渡条件としての基準があります。

ドイツでの基準

・家を留守にする時間(1日8時間以上)
・家族の同意は得ているか?
・住居の広さ

以上をしっかりマスターしている里親でなければ、ドイツでは譲渡されません。
そして日本は保護団体ごとに異なるようですが、この基準よりも更に厳しいと言われています。

日本での基準

・家を留守にする時間(4時間以上)
・小さい子供がいる(犬をおもちゃにされてしまう)
・住居の広さ
・仕事などで家をあける時間が長い
・単身者用の狭い部屋ではなく動物と暮らせる十分な間取り

特に単身者の場合は難しく、近くにペットの世話をしてくれる人がいる事が条件に加わってしまいます。

本来なら一人住まいだからこそ、ペットと共に暮らしたいと願うところです。
でもこれでは、里親になる気持ちも萎えてしまいそうです。

 

そのため簡単に、ペットショップなどで購入してしまう人も多くなってしまいます。

もう少し里親の条件となる基準を、下げてもらえるといいのですが無理なのでしょうか。
ペットを育てることで、心のケアをされる方もたくさんいます。

しかし不幸なペットたちも人間に捨てられた、或いは虐待を受けています。
人間不信に陥っているためストレスのない、深い愛情のもとで育てられる事が一番なのでしょうね。

ペットの里親になるメリットはあるのか?

動物愛護の意識が高まっている昨今、ペットの保護団体の他にも殺処分に反対する人たちは多いです。

そこで殺処分を防げればと、里親を希望する方は増えてはいます。
しかし里親の条件の厳しさで、断念してしまう方もいます。

 

そこまでして里親になるメリットはあるのでしょうか?

人間によって傷つけられたペットは人間不信にも陥り、成犬であれば躾けし直すことも難しいと思います。

しかし保護されたペットたちは、保護団体が責任をもって様々な情報を管理しています。
そして人と幸せに暮らせるように、ペットたちはしっかり躾られています。

 

ですから飼い主にとっても、ペットたちにしてもストレスなく新しい生活を迎えることができます。
またペットの細かな情報も紹介されているので、自分に合うペットと出会うことができます。

里親になってもアフターケアがしっかりできているので、緊急時でも相談しやすいと言うメリットもあります。

 

余計なメリットかもしれませんが、無償で引き取る事ができるため費用が安く済むと言うこともあります。

厳しい条件をクリアしても、里親になろうとしてくれる飼い主さんです。
里親さんと出会ったイヌたちも、きっと幸せに暮らせることでしょう。

愛犬のしつけは、問題行動の原因さえわかれば簡単に出来ます。詳しくはコチラから。

里親
スポンサーリンク
ペットと暮らす

コメント